• ウォーターサーバーを使うメリットとデメリットは?

    ウォーターサーバーとは、専用の水のボトルをセットするだけで、いつでも好きな時に、冷水や温水を飲む事ができる給水機器の事です。


    もともと業務用に開発されたものですが、現在家庭用としても広く普及しています。


    非常に便利なので、近年利用する人が増えています。

    水も各社、非常に厳しい衛生管理のもとボトリングしている為、子供やお年よりも安心して飲む事ができます。
    ウォーターサーバーのメリットは、何と言っても冷水や温水をいつでもすぐに飲む事が出来るという事です。

    4meee!の情報サイトを利用して良かった。

    また、定期的に業者が配達をしてくれるので重たいペットボトルをスーパーから持ち帰る必要もありません。

    ウォーターサーバーのランキングに関する情報に追加しています。

    そしてたくさんのメーカーがありますので、自分の口に合った水を選ぶ事が出来ます。
    他にも、いざという時に役に立つという事もあります。地震などの災害が起こった時に、水道のライフラインが止まってしまった場合でも、サーバーがあれば非常用の水として使用することができます。


    一方、デメリットは、電気代がけっこうかかってしまうという事です。



    基本ウォーターサーバーは24時間電源が入りっぱなしなので、どうしても費用は高くなってしまいます。

    また、便利が故に、使い過ぎてしまい結果的に料金が高くついてしまうという事もあります。

    また、設置スペースも、サーバーがけっこう大きいので、小さい部屋やキッチンに置くとどうしても邪魔になってしまいがちです。
    他にも子供が熱湯で火傷をしてしまう事例もありますので注意が必要です。

    近年、水の重要性は増し、ウォーターサーバーを使用する人は増えています。
    ウォーターサーバーは、便利な所もあればそうでない所もあります。

    価格面で見るとやはりスーパーでペットボトルを買ってきたほうが安くなりますが、いつでも冷水や温水を使用できるという強い利便性もあります。

    どちらが自分に合っているかを考え比較しながら決めるべきです。